東京

梅雨。

木曜の昼下がりあたりにしとしとと降る雨を何時もの喫茶店の窓から眺めるのは意外と好きなんだけど、こうも連日天気が悪いのは自然と気分も沈む。

Rainy days and Mondays always get me down…

1971年のカーペンターズのシングル”Rainy Days And Mondays”、最近は殆ど毎日聴いてるな…月曜日じゃなくても雨が降るとつい聴いちゃうんだよね。

特にLayneの撮影は本当に毎回雨。誰だよ雨男。

アーティスト写真もMVも、なんなら雑誌の取材とかまで狙いすましたかのように雨。

たまには晴れてくれたって…と思うけど、それはそれで話のネタになるからいいや。

ご存知の方も居るかもしれないが、俺、生まれも育ちも東京で…

東京に対して面白さとか、魅力とか、10代の頃はあんまり感じたことがなかったのよ。

学校帰りに渋谷・新宿あたりで遊んだり、どっかしらからいつも東京タワーがちょいちょい見えていたり、それを当たり前として生きてきた故、街で見かける修学旅行生の団体を見たりするとその子たちの日常が自分とどう違うのか、自分にとっての日常がその眼にどう映っているのか、漠然と考えることも多かった。

いつかここを飛び出して…!なんて考えたこともあったけど、ここ数年は東京にもいくつかフェイバリット・スポットが出来て、たまにひとりでじっくり考え事をしに足を運んだりするようになった。

最近、地方から出てきたばかりの知人を案内して、同じ目線で東京を見る機会があったんだけど、自分の生まれ育った土地の魅力を確かめるいい機会になった。

意外といいぞ、東京。

何の話だこれ。

ここのところ制作中心の生活ゆえ、中々表に出る機会がない。

もっと色んなところで実演の機会を作りたいところなんだけどね。

あ、7月は意外とスケジュール余裕あるのでレッスンやら演奏依頼やらあったら声かけてくださいね。(同業者の皆さま!何かやろうよ!)

たまには室内楽とかもいいな、バーバーのサマーミュージックとかやりたいわ。

大した内容はない駄・ダイアリーは相変わらずの様相。

あ、6月28日のLayne自主企画、よろしくね。


最新記事
アーカイブ